占冠村(しむかっぷむら)自然体感占冠

我が町のセールスポイント
移住体験(ちょっと暮らし)ができる 住宅購入補助制度がある 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 人口が1万人以下 温泉施設がある JRの駅がある JRの特急が停まる 新千歳空港から1時間以内 最寄の空港から1時間以内 林業が盛ん 起業補助制度がある 新規就農支援制度がある 介護施設がある デイサービス施設がある 満18歳まで医療費無料 特徴のある教育制度がある 一級河川がある 1,000メートル以上の山がある 8月の平均最高気温が23℃以下 登山ができる 乗馬ができる 釣りができる プールがある ゴルフ場がある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

企画商工課企画担当
TEL:0167-56-2124
E-mail:
URL:http://www.vill.shimukappu.lg.jp/shimukappu/tanoshi/nmudtq0000001ytv.html

基本情報

北海道のほぼ中心に位置し、高速ICが2つ、JR特急停車駅が2つあり交通の要衝となっています。周囲を山で囲まれ、面積の約94%は森林の大自然を体感することが出来る村です。

アクセス
  • 鉄道新千歳駅~占冠駅約60分(2,720円)
    札幌駅~占冠駅約1時間30分(4,290円)
  • 空路東京~新千歳約1時間30分
    名古屋~新千歳約1時間40分
    大坂~新千歳約2時間
  • 航路苫小牧港~占冠94キロ/約1時間30分(沼ノ端西IC~千歳恵庭JCT~占冠IC)
  • 車札幌~占冠120キロ/約1時間30分(札幌北IC~占冠IC)
    帯広~占冠86キロ/約1時間15分(芽室帯広IC~帯広JCT~占冠IC)
    旭川~占冠105キロ/約2時間(一般国道)
人口・世帯数 人口:1,195人 世帯数:693世帯
面積 571.41平方キロメートル
インターネット環境
  • 光回線
歴史

明治35年5月に最初の入植者として、佐藤農場支配人の日蔭長松が小作人七戸を連れて入地したところから、村の歴史は始まりました。明治から昭和にかけて村で一番栄えた地区、字占冠に1904(明治37)年に、村で初めての学校(簡易教育所)が開所され、のちに占冠小学校となり、開校100周年にあたる2004(平成16)年に閉校となりました。1923(大正12)年に運行を開始した「三国横断バス」は、金山から右左府(現在日高)の間、人や物資を運びました。現在は、中央地区が占冠村の中心地となり、村役場や郵便局、道の駅、コミュニティプラザ、小学校、中学校、診療所などがあり、人口が最も多く、文化活動の中心地ともなりました。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP