当麻町(とうまちょう)「人が夢が心がつながるマチ ハートFullタウンとうま」

我が町のセールスポイント
住宅購入補助制度がある 家賃助成制度がある 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 人口が1万人以下 JRの駅がある 最寄の空港から1時間以内 旭川から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 林業が盛ん 新規就農支援制度がある 介護施設がある デイサービス施設がある 満15歳まで医療費無料 特徴のある教育制度がある その他の支援制度がある 一級河川がある 8月の平均最高気温が23℃以下 釣りができる プールがある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

当麻町まちづくり推進課
TEL:0166-84-2111
E-mail:
URL:http://town.tohma.hokkaido.jp/

基本情報

大雪山の恵みを受けて、豊かな自然に囲まれた稲作を中心とした農村地域です。町中心部は宅地開発や定住アパートの建設が進んでいます。農産物は、お米の総合評価で連続北海道一をはじめ、日本一の高級スイカ「でんすけすいか」などがあります。未来を担う子どもたちと共に「食育・木育・花育」を通じ、命の尊さをもう一度見つめ直し、当麻町ならではの豊かな「心」を育む「心育」活動を推進。「食育・木育・花育」活動の拠点を活用した地方創生、まちづくりを進めています。

アクセス
  • 鉄道JR旭川駅から当麻駅まで電車で30分
  • 空路旭川空港へは車で30分(羽田空港から旭川空港へ1時間30分)
  • 車JR旭川駅から当麻駅まで車で30分
人口・世帯数 人口:6,801人 世帯数:3,086世帯
面積 20.490平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • ISDN
  • CATV
歴史

当麻町は、明治26(1893)年5月に、広島・山口両県などから屯田兵が入植し、開拓されたまちです。北海道のほぼ中央に位置しており、大雪山連峰を望み、豊かな森林と肥沃な大地に恵まれています。農林業を基幹産業として発展を続け、現在では北海道一の食味を誇る米どころでもあります。開拓以来脈々と受け継がれてきた「フロンティアスピリッツ」。その精神は活力あるまちづくりを行う上での何よりの財産です。農業・林業・商業・工業・観光・スポーツなどあらゆる分野でエネルギッシュな取り組みが行われ、21世紀を築く「ニューフロンティアの精神」は、町の大きな誇りです。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP