江別市(えべつし)~都市と自然が調和するまち~

我が町のセールスポイント
住宅購入補助制度がある 賃貸アパート・マンションがある 人口が5万人以上 芸術・文化施設がある 車がなくても便利 JRの駅がある 新千歳空港から1時間以内 札幌から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 酪農が盛ん 総合病院がある 産婦人科がある 小児科がある 介護施設がある デイサービス施設がある 保育料補助制度がある 児童会館がある 高校がある 大学がある 一級河川がある 乗馬ができる プールがある ゴルフ場がある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある

問い合わせ

企画政策部企画課企画係
TEL:011-381-1015
E-mail:
URL:http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/welcome/

基本情報

江別市は、大都市札幌に隣接し、同時に日本三大河川の一つである石狩川が流れ、世界有数の平地原生林である野幌森林公園があるなど、都市機能と自然が調和したまちです。

アクセス
  • 鉄道札幌からJRで20分
  • 空路新千歳空港から車で40分
  • 航路石狩湾新港から車で30分/苫小牧港から車で50分
  • 車札幌から車で40分
人口・世帯数 人口:119,606人 世帯数:55,595世帯
面積 187.38平方キロメートル
インターネット環境
  • ADSL
  • ISDN
  • 光回線
歴史

江別に最初に移住したのは、明治4年、宮城県涌谷領からやってきた21戸76人の農民です。 明治11年には屯田兵10戸56人が移住。同年、明治政府による開拓使府令が布達され江別村が誕生、その後、各地から屯田兵が入地し、計画的な開拓がすすめられました。
大正5年に江別町に昇格、昭和29年には市制が施行され江別市が誕生しました。
昭和30年代後期から40年代にかけて、札幌市への人口集中の影響を受け、隣接する江別でも人口が急増しました。また、文京台地区の大学、その他教育・研究施設の立地、第1工業団地の整備などにより道央圏の中核都市としての地位を築きました。
平成3年には、人口10万人を達成。平成26年には市制施行60周年を迎えました。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP