安平町(あびらちょう)交通アクセスに優れた田舎町「安平町」

我が町のセールスポイント
移住体験(ちょっと暮らし)ができる 住宅購入補助制度がある 公営住宅がある 賃貸アパート・マンションがある 空き家バンクがある 人口が1万人以下 温泉施設がある 芸術・文化施設がある 車がなくても便利 JRの駅がある JRの特急が停まる 新千歳空港から1時間以内 最寄の空港から1時間以内 札幌から1時間以内 農業(酪農を除く)が盛ん 酪農が盛ん 起業補助制度がある 新規就農支援制度がある 介護施設がある デイサービス施設がある 出産祝い金がある 保育料補助制度がある 満18歳まで医療費無料 特徴のある教育制度がある 児童会館がある 高校がある 降水日数が年間100日以下 乗馬ができる 釣りができる カヌーができる プールがある ゴルフ場がある テニスコートがある パークゴルフ場がある キャンプ場がある スキー場がある

問い合わせ

まちづくり推進課
TEL:0145-22-2514
E-mail:
URL:http://www.town.abira.lg.jp/

基本情報

平成18年に旧早来町と旧追分町が合併し、新しく誕生した町が「安平町(あびら)」です。自然豊かな町で都心部へもアクセスが非常に良く、自然の中で子どもを育てたい子育て世代からセカンドライフをゆっくり過ごしたい方まで幅広い世代が移住してきています。各種助成制度なども充実しており、都心に近い田舎を堪能してみてください。

アクセス
  • 鉄道JR札幌駅から1時間
  • 空路新千歳空港まで車で20分
  • 航路苫小牧フェリーターミナルまで車で30分
  • 車札幌市内まで車で1時間
人口・世帯数 人口:8,543人 世帯数:4,261世帯
面積 237.16平方キロメートル
インターネット環境
  • 光回線
歴史

明治22年に入植・開墾が行われ、安平町の歴史がスタートします。明治25年には室蘭線・夕張線が開通し、たくさんの人が移り住み、農業・林業・酪農・商工業が発展していきました。明治33年は植苗村・勇払村の一部が分村し、安平村が誕生します。その後、早来地区は酪農、追分地区は鉄道が徐々に盛んになり、産業を築きあげてきました。
 昭和27年に安平村が安平村(旧早来町)と追分村(旧追分町)に分村しましたが、平成18年3月27日に50数年の時を経て、市町村合併により安平町(あびら)が誕生しました。

この町が気に入ったかたには、こちらもおすすめです

TOP