ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地元の恵まれた水資源を生かし、地域に根ざしたビールをつくる
【株式会社 ブロイハウス大沼/七飯町】

地元の恵まれた水資源を生かし、地域に根ざしたビールをつくる
【株式会社 ブロイハウス大沼/七飯町】

掲載年月:2018年10月

株式会社 ブロイハウス大沼

  • 住所:亀田郡七飯町大沼町208
  • 代表者名:取締役 製造部長 蜂矢 寛
  • 電話:0138-67-1611
  • URL:https://onumabeer.com

企業・団体のビジョンやミッション

峰横津山麓の豊かな自然が生むビール

ブロイハウス大沼の看板商品は「大沼ビール」です。1997年の創業から大沼公園のすぐ近くでビールづくりをしています。
北海道国定秀峰横津山麓の豊かな自然がとけ込んだ、清純で爽やかな天然アルカリイオン水を提供することから始まり、ビールづくりに協力してほしいという地域からの想いに応える形で創業しました。創業当初は「ケルシュ」と「アルト」の2種類から始まり、いまでは4種類の「大沼ビール」を製造しています。

ビールづくりにかける情熱

大沼という地域に根ざして小規模でビールづくりをしています。大きな工場のように全てがシステマチックな工場ではなく、安定した味を作り続けるには、原料・酵母管理・水質など状況を見極める能力を必要とします。工場で製造するというよりも、ビール職人がつくるビールというイメージです。
展示会などで大沼ビールを飲んだお客様から感想を聞いたり、喜んでもらえたりすることがやりがいに繋がります。ビールをつくると一口に言っても製造するだけではありません。瓶詰めや梱包、発送業務までお客様に届くまでの業務全般を行っています。そしてお客様の喜ぶ顔を想像しながら日々ビールづくりに情熱を注いでいます。

代表者からのメッセージ

最近の新しい試みは地元七飯町のりんごを使ったフルーツビールの製造です。以前は近隣の北斗市のお米ふっくりんこを使ったビールも製造していました。道南の特産品を使ったビールをつくることで、七飯町だけに限らず北斗市や函館市を含めた道南地域の人々に喜んでもらえるものづくりを続けていきたいです。

企業・団体の魅力
  • 2009年インターナショナル・ビアコンペティション金賞受賞、2015年アジア・ビアカップ金賞受賞、2012年ジャパン・アジアビアカップ金賞受賞など数々の受賞歴がある北海道を代表する地ビールです。
  • 大沼公園にある工場兼ビアホールでは実際にできたての大沼ビールを飲むことができます。

現場スタッフからも一言

現在パートを含めた8名の従業員でビールの製造とビアホールの運営を行っています。少人数でのビールづくりのため、業務内容は多岐にわたり決して楽なものではありませんが、小さな工場ならではのやりがいもあり、スタッフみんな仲良く業務に取り組んでいます。
大沼にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP