ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 創業以来引き継いだ技術と真心で、丹精込めた丈夫な製品を作り続けています
【村本テント/岩内町】

創業以来引き継いだ技術と真心で、丹精込めた丈夫な製品を作り続けています
【村本テント/岩内町】

掲載年月:2018年2月

村本テント

企業・団体のビジョンやミッション

岩内町とともに歩んできたテント屋

村本テントは、明治44年に創業した馬具屋がはじまり。開業当初は馬具屋として岩内町の開拓とともに、経済成長の時代にはテント屋として、漁業や街並みの発展とともに歩んできました。
農業・漁業や建設車両等の商売道具であるシートやカバー、高校の学園祭を彩る垂れ幕など…様々なお客様の暮らしをミシンでお手伝いするお店です。

現在は、帆布かばんの製造・販売も行っています。

変わっていくもの、変わらないもの

シート製品の制作・修理のかたわら、現在は、帆布かばんの製造・販売も行っていて、町内のみならず、道内外、最近では海外のお客様にも足を運んでいただいています。
めまぐるしく変わっていく時代の中で、変わらずに受け継いできた確かな技術と真心で、ひとつひとつ丹精込めた製品を、今日も丁寧に作り続けています。

よそでは手に入りません

当店の帆布かばんは、岩内町にある当店の店頭でしかお求めいただけません。(通信販売を除く)
事業において、販路の開拓はとても重要な要素であり、より人の流れのあるエリアへの出店・卸販売が魅力的な選択肢であることは事実です。しかし私たちは、当店の商品を購入するために、全国各地から岩内町まで足を運んで下さる多くのお客様に、丁寧に拵(こしら)えた、質の良いモノを提供したいと思っています。
また、町中のお店や企業が、そういった人の流れを大切にすることで、岩内町全体が元気になれたら嬉しいと思っています。

代表者からのメッセージ

札幌でのサラリーマン生活を経て家業を引き継ぎました。
お客様により良いモノをお届け出来るよう、日々技術を磨いています。

4代目の現店主。

企業・団体の魅力

丈夫で使い勝手のいい製品を制作しています。すべて手作業のため、お客様によって異なる細かなご要望にもお答えできます。
お客様にとって大切な商売道具となるものを、それぞれに最適な仕上がりで提供できる事は、既製品の製造・販売業にはない喜びと言えます。

地域で行っている活動

・ギンザ通り商店街で不定期に行われる出店・売り出しイベント【手づくり市】
・岩内商工会議所主催の合同キャンペーンイベント【あきんど市】※当店は不定期参加
・岩内町ふるさと納税返礼品

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP