ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 人を育てることで、航空宇宙産業の未来をつくる
【株式会社ワダエンジニアリング/函館市】

人を育てることで、航空宇宙産業の未来をつくる
【株式会社ワダエンジニアリング/函館市】

株式会社 ワダエンジニアリング

  • 住所:函館市桔梗町379番地32 函館市産業支援センター
  • 代表者名:和田 伸夫
  • 電話:0138-34-2568
  • URL:http://www.wadae.jp

企業・団体のビジョンやミッション

日本の航空宇宙産業を、技術で支えるエンジニア集団

当社は、航空機向け治具・部品製造メーカーである和田製作所(愛知県/1955年創業)の関連会社として、1999年、愛知県名古屋市で誕生しました。航空宇宙産業をはじめ様々な分野で、蓄積した技術とノウハウを駆使し、様々なソリューションを提供しています。

2017年6月、当社は函館R&Dセンターを開設しました。

【当社の事業内容】
①エンジニア派遣
②設計・生産技術請負
③供試体の設計製造/モックアップ製作
④総合デザイン

航空宇宙産業は黎明期。業界とともに、さらなる成長を目指します

2015年11月、国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行に成功しました。
世界の航空機市場ではMRJのような小型ジェット機の需要が高まっており、日本の航空機メーカーは今後20年間で2500機を売り込む予定です。

当社は現在、MRJやボーイングなどの航空機開発の最前線で、設計・生産技術・安全性解析などの領域での技術支援を行っています。今後はさらに国内外の航空機メーカーとの取引を増やし、また、技術貢献の領域を拡大します。これからの10年で人員は2.5倍増、売上高は6億8000万円(平成27年度実績)から約3倍の21億円を、利益は現状の5倍を目指します。

当社の最終的な目標は、自社でオリジナルの航空機を開発すること。
「ワダエンジニアリングのロゴが付いた機体が、日本の空を飛び回っている。」そんなビジョンを、私たちは本気で実現したいと考えています。

代表者からのメッセージ

当社は2017年6月、函館市に新拠点「函館R&Dセンター」を開設し、同時に、函館市との連携協定を締結しました。
今後、技術領域の拡大を目指す当社にとって欠かせない分野は、情報技術やAI技術を活用する航空電子分野です。言うまでもなく、技術を提供するのは、「人」。函館には公立はこだて未来大学や函館高専などがあり、情報・工学系の優秀な人材の採用や、教授陣との連携が見込めることから、今回の拠点開発をいたしました。まずは本社で受託した案件の中から遠隔でできる業務を函館で行いつつ、将来的には、未来大や高専との共同研究によって、航空電子分野の技術開発やロボット開発を進めます。
同時に当社は、函館市との連携協定を締結しました。市と協働して雇用創出や人材育成などに取り組み、函館地域の発展に寄与したいと考えています。

(写真:函館市経済部部長 谷口氏と、当社代表取締役 和田)

企業・団体の魅力

当社は社員育成に力を入れ、様々な教育制度、研修を用意しています。新卒者の3年以上の定着率は90%です。
【~入社1か月】外部研修と社内研修で、製造業に必須の5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)や社会人としてのマナーをはじめ、航空機の仕組み、部品の基本的な名称、強度解析の基礎などの専門知識を学びます。また、図面の見方やCAD操作の練習なども行います。
【現場配属~入社1年目終わり】教育担当の先輩の指示でサポート業務などから始め、少しずつスキルを磨きます。最初の数ヶ月は現場に体を慣らすことがメイン。ポイントを押さえて、フォローを入れつつ、仕事を少しずつ任せていきます。
【入社2年目以降】「CATIA」「品質管理」など仕事に直結する業務知識研修からチームビルディングについて学ぶ研修など、職種別、階層別に必要なタイミングで研修を行います。通常業務以外での学びや、別部署との交流は刺激になり、モチベーションアップにつながっています。

ローカルワークコーディネーターからもひと言

北海道だけでなく、日本にも今までになかった「航空宇宙産業」の企業。私たち函館市民も、同社の函館での拠点開設をとても嬉しく思っています。函館R&Dセンター長の磯部さんは、こうおっしゃっています。「国内に、当社業務の経験者はほぼいないといっていいでしょう。情報系の業務経験がある方や、勉強をした方を採用対象としています。経験や能力によりますが、いったんは愛知県の本社に勤務して経験を積んでいただいた後、函館で勤務することを想定しています。将来的に函館へのUターンや移住を検討されている皆様、 一生モノのスキルが身につく航空機分野の技術職という選択肢を一度検討してみてはいかがでしょうか。」今なら、函館R&Dセンターの立ち上げに参画できます。同社に興味のあるかたはぜひ一度、お問合せを!(函館エリア ローカルワークコーディネーター 阪口あき子)

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP