ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 技術開発、研究開発など、地域企業の事業活動をサポート
【公益財団法人 函館地域産業振興財団/函館市】

技術開発、研究開発など、地域企業の事業活動をサポート
【公益財団法人 函館地域産業振興財団/函館市】

公益財団法人 函館地域産業振興財団

企業・団体のビジョンやミッション

地域企業の事業活動を支援します

当財団は、北海道、函館市、北斗市(旧上磯町、旧大野町)、七飯町、民間企業などからの出捐金を基金とし、1984(昭和59)年に設立された公益財団法人です。地域企業の事業活動を支援するために、産学官の連携を図りながら、各種事業を展開しています。

<主な事業>
◇技術支援
 研究開発機器を備え、共同・受託研究や依頼試験・分析などを実施
◇資金供給
 新技術や新製品の開発や起業化促進のための商品化に、研究開発費等を助成
◇販路開拓
 技術PRや販路拡大のための展示会、イベントへの合同参加や助成
◇人材育成
 研修会の開催や研修生受け入れなど、人材育成を支援
◇相談窓口
 専属コーディネータが経営面・技術面の問題などの相談に対応
◇創業支援
 各種創業支援とともに新技術・新商品の開発や起業化をサポートする施設を貸与

 

北海道立工業技術センターを管理運営

当財団は北海道が函館地域の中核的試験研究機関として開設した北海道立工業技術センター(以下、工業技術センター)を、1986(昭和61)年の開設当初より、管理運営しています。産学官連携による地域産業の創出、活性化に積極的に取り組み、様々な技術開発とヒット商品を生み出してきました。地元企業に対し、指導や助言を行う個別技術相談の数は年間約400件。研究員は常に複数のプロジェクトに同時進行で取り組んでいます。

【主な実績】

① ガゴメ昆布を高付加価値化
現在、函館を代表する特産品となった「ガゴメ昆布」。もともとは、利用価値が低いとみられ、漁師から厄介者扱いされていた昆布です。しかし、北海道大学の研究により優れた機能性成分を含むことが判明し、産学官による研究チームが発足。工業技術センターもその一員として、日持ちを良くする方法や食感を良くする方法などを研究開発し、商品化をサポートしました。

② 釣り用オモリをハイテク化
釣具製造メーカーの株式会社フジワラとともに、それまで経験的に作られてきたオモリの形状による流体特性について研究。光造形機を用いて多数のサンプルを作成した末に、羽根がついたユニークな形状のオモリを開発し、沈降速度を向上させました。このハイテクオモリはグッドデザイン賞を受賞しています。

そのほか、工業技術センターが過去に行った研究の数々は、公式ホームページからご確認いただけます。
(写真:北海道立工業技術センター 案内図)

代表者からのメッセージ

◎人事担当からのメッセージ

工業技術センター研究員に適しているのは、次の3つの資質を持った方です。

①地域貢献を自らの使命として考えられる
②自らモチベーションを保つことができる
③人の話を聞き理解することができる

研究員はコーディネーターとして、地元企業と大学教授や専門家の間をつなぐ役割も務めます。私たちの仕事は、企業の方々のお話をじっくりと聞くことから始まります。そして、適切な専門家を探し出してその方々からも話を聞き、双方が理解できるよう専門用語をわかりやすい言葉に置き換えたり、自らも役割を分担したりして、研究を進めます。
私たちは地域貢献を使命とし、実験や情報収集に取り組み、技術的なアウトプットをし続けています。函館には自社の発展だけではなく地域の未来について考える経営者が多く、その方々から、技術はもちろん、地域貢献に関する志のあり方も学ぶことができます。
(写真:水産食品試作室)

企業・団体の魅力

◎工業技術センター 研究員の仕事のやりがい

私たちは公設民営試験研究機関の研究員として、そのメリットを最大限に活用し、意欲的な民間企業の方々を積極的に支援しています。研究開発の先には、新産業の創出や地域課題の解決など…人々の笑顔があり、大きな達成感を得られます。
また、函館は大学や高専などの高等教育機関が多く、様々な分野の研究者がいます。工業技術センター内にも多彩な経験をもつ研究員が在籍していますので、案件ごとにチームを組んで研究を進めることができます。
(写真上:機器分析室、写真下:水産加工試験室)

スタッフからもひと言

函館・道南には可能性があり、今までも様々な成功事例があります。個人でも、頑張れば地域を変えることができる…大きなやりがいに満ちた街です。
私たちの研究は基礎研究はもちろんのこと、具体的な商品や技術の形を完成させることを目指します。商品化は、ひとつの要素だけでは成り立ちません。例えば食品であれば、美味しさ、日持ち、栄養成分、原材料の入手方法、製造設備などの全てが成り立たないと商品化はできません。多角的に物事を見ながら、様々な方と協働してプロジェクトを進めることに喜びを感じる方はぜひ、私たちの仲間に加わってください。
(食産業技術支援グループ研究主幹 吉岡武也)

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP