ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 憧れの仕事「農業」を地域の自立ビジネスモデルに
【有限会社 赤井川コロポックル村/赤井川村】

憧れの仕事「農業」を地域の自立ビジネスモデルに
【有限会社 赤井川コロポックル村/赤井川村】

有限会社 赤井川コロポックル村

企業・団体のビジョンやミッション

両親が飲食と加工を中心に作っていた農園を2代目として継承、今は農産物の生産を柱に、技術の向上、流通から販売まで全部行っています。
子ども時代に農家だった叔父さんの畑を手伝いながら、ずっと農家に憧れていました。東京でサラリーマンも経験しましたが、Uターンで赤井川村に就農し、経営や技術の研究を重ねた上で今のアスパラ農家という道を選びました。

家族による生業としての農業ではなく、雇用にもつながりビジネスとして自立する形態を最初から考えています。自由にいろんなことにトライしたいという意味もあって、補助金には頼らないように頑張ってきました。売り切ってこそ農家だと思っているので、自分で関東の百貨店を歩いて営業もしたし、自分で食べ歩いてうちの野菜を使ってほしいレストランとも関係を作ってきました。両親の始めたカフェは「自慢のアスパラを食べてもらうアンテナショップ」として活用していますが、畑に力を注ぎたいので段々縮小しています。

うちの野菜は高くても美味しい。その価値を評価してもらうためのプレッシャーとやり甲斐を常に感じています。
野菜はJAS有機の認証をとっていますが、有機ということを売り物にしてはいません。自分のやり方で美味しいものを作っているだけだと思っています。

代表者からのメッセージ

農業は自然相手だけど、自然の中で作物を栽培する行為は不自然なものです。いろいろな要素が絡み合っていて面白い。
「何故。どうして」を突き詰めながら、いろいろ調べて試して科学的な検証も重ねて自分の技術を磨いていくのはとても楽しくやり甲斐も大きいです。

企業・団体の魅力

自分は農業が大好きで、やりたいことをやっているので仕事をしているという感覚がないですね。ここで働いて就農した若者もいますが、これから就農を考えている人は、どんな仕事でも楽しみを発見できるセンスが必要なのと、夢を持ちながら、現実を正確に把握して継続する力が必要だと思います。

スタッフからもひと言

「うまいべ村民」会員になると、アスパラやトウモロコシなど有機野菜の他、ベーコンやスモークサーモンなどの加工品にニュースレターを添えて年間6回のお届けをします。現在130組の会員さんがいて、それぞれの季節の一番新鮮なもの、安全で美味しいものをおすそわけしています。赤井川コロポックル村が会員さんの第2、第3の故郷のような場所になれたらいいなと願っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP