ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地域資源を活かした観光交流に関わる仕事 海という空間を満喫してもらいながら地域の魅力を発信する「うみカフェ」
【さかずきテラス/泊村】

海という空間を満喫してもらいながら地域の魅力を発信する「うみカフェ」
【さかずきテラス/泊村】

  • 地域資源を活かした観光交流に関わる仕事
  • 小樽・ニセコエリア

さかずきテラス

企業・団体のビジョンやミッション

豪快なオーシャンビューとともにゆったりくつろげます

積丹半島岩宇エリアの自然、歴史、文化資源を生かした様々な体験を提供する「うみカフェ」として2016年7月盃海水浴場にオープンしました。
豪快なオーシャンビューを眺めながら飲んだり食べたりゆったり過ごしていただくことができます(冬場は週末だけの営業)。
裏手にはレトロな雰囲気の盃温泉郷もあります。

マリンスポーツほか様々なアクティビティも提供

さかずきテラスには着地型アクティビティを運営する「マリンネイチャーセンター」としての機能もあります。
スノーケリング、シーカヤック、ダイビングなどのマリンスポーツからキャンプ、沢登り、一般観光客向けには採ったばかりのウニの殻を自分でむいて食べる体験、そして大学の海洋実習や環境教育など幅広く提供しています。
中でもさかずきの湾にカヤックを浮かべ、じっくり夕陽を楽しむサンセットカヤックは大人気です。

メニューにもこだわりがあります

うみカフェのお食事メニューはカレーやパスタ、ビールやおつまみなど。
冬場に糖度の高くなったジャガイモを使いオリジナルアイスクリームを開発したり、ウニの生簀を作って冬場にもむきたてを食べてもらおうとしたり創意工夫を重ねています。
よくある田舎の「海の家」のイメージを超えて、地元食材、手作りにこだわっていて、お客様に驚いてもらうのが楽しみです。

代表者からのメッセージ

もともと沿海調査エンジニアの仕事を通じて地域の魅力を知りました。カフェをやりたいというよりも、地域の宝物を発信し、観光客だけでなく地元の人たちも含めて交流の場を作ろうとスタートした事業です。地元泊村だけでなく岩内、共和、神恵内など岩宇エリアの生産者と協力しながら体験メニューやサービスを開発したり、観光PRをしていこうと努力しています。
観光客や海水浴客ばかりでなく、地元のみなさんにも喜んでいただいています。

企業・団体の魅力

古い「海の家」を改築しているので、風の音がものすごく、心細く感じることもありますが、美しい自然に囲まれた環境と、居心地のいい空間が魅力です。

地域で行っている活動

毎月、地域の魅力を知ってもらうワークショップを開催しています。町民だけでなく、観光客や外からのビジターも参加して、いろいろな視点から魅力を探しあい共有しています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP