ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地域の医療・福祉のニーズに応える仕事 守りたいのは利用者様1人ひとりの個性と尊厳です
【社会福祉法人 恵望会/恵庭市】

守りたいのは利用者様1人ひとりの個性と尊厳です
【社会福祉法人 恵望会/恵庭市】

  • 地域の医療・福祉のニーズに応える仕事
  • 札幌エリア
  • 求人あり

社会福祉法人 恵望会

企業・団体のビジョンやミッション

「花のまち 恵庭」で高齢者の生活を支え続けてきました

恵望会では、介護や支援を必要とする方と職員が、豊かな人間関係のもと、共に生きることを喜び、人としての尊厳を尊重して、福祉事業の運営を行っています。

また、施設の機能と在宅サービス等を効率的に運営し、地域の方々と連携をはかり、包括的な福祉事業を積極的に推進し、利用者の多様なニーズに合わせ、家族的和合のもとに医療的管理、事故の防止に努めています。

全ての設備や機能を常に充実整備して、快適で住みよい環境づくりを行うと共に、働きやすい環境づくりを進めています。

恵望会の施設紹介

社会福祉法人恵望会は昭和52年7月高齢者支援を目的として設立し、昭和53年4月に定員50名の「特別養護老人ホーム恵望園」を開設、その後定員を100名まで増員し、平成7年3月には「恵望園デイサービスセンター」と「ショートステイサービス」を開設しました。
介護保険制度が始まった平成12年4月に「恵庭市こがねデイサービスセンター」と「恵望園居宅介護支援事業所」を開設し、平成19年4月に恵庭市から「地域包括支援センター事業」を受託しています。
平成24年3月に「地域密着型特別養護老人ホーム恵望園はなえにわ」を開設し、平成26年2月には「特別養護老人ホーム恵望園」をそれまでの多床室の施設からユニット型個室の施設にリニューアルしています。

代表者からのメッセージ

「誰からも選んでいただける窓口として」をモットーに、職員一人ひとりが日々取り組んでいます。
職員の働きやすさを考え、職場環境を整えることを大切に、誰もが安心して受けられるサービスの提供を、われわれ恵望会は目指しています。

企業・団体の魅力

「道都札幌市」と「北海道の空の玄関新千歳空港」のほぼ中間に位置し、ガーデニングが盛んな「花のまち」として知られている恵庭市で時代の変化に対応しながら恵庭市内外の高齢者の生活を支え続けています。

スタッフからもひと言

特別養護老人ホーム恵望園は恵庭市内では小高い丘の上にあります。眼下に恵庭市の町並みが広がり、天気の良い時は恵庭岳や遥か夕張山系の雄大な姿が望めます。恵庭の発展に尽くしてきたお年寄りの方々に、伸び行く故郷を眺めながら豊かな老後を送っていただきたいという願いを込めて、「恵望」の名がつけられました。今後も、恵庭市の高齢者を支えるためにより良いサービスの提供を続けていきます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP