ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 工芸や製造業など 独自の技術を活かした ものづくりの仕事 北海道で、手作りストーブや農業用乾燥機を製造して50年
【トミワ技研興業/当別町】

北海道で、手作りストーブや農業用乾燥機を製造して50年
【トミワ技研興業/当別町】

  • 工芸や製造業など 独自の技術を活かした ものづくりの仕事
  • 札幌エリア

トミワ技研興業

企業・団体のビジョンやミッション

北海道当別町で、産業機械やストーブをつくり続けて50年

事業の始まりは農業用乾燥機械からでした。北海道の産業を語るのに欠かせない農業。一般の方にはあまり知られていませんが、米や麦を収穫した後、一定の水分量以下にしなければ保存する際に腐ってしまうので、必ず乾燥機を通っています。それぞれの考えを持つ農家さんのニーズに合わせた乾燥機をゼロから手作りで製造しています。
その派生として、暖房用ストーブの製造にも取り組み、冬季のビニールハウスの暖房用のストーブや、スタッフみなさんの集まる詰め所などに設置するストーブも製造しています。最近ではイカを加工するための水産用機械なども手がけ、人出不足を機械で解消するための製品もオーダーメイドで受けています。

環境に配慮したストーブの製造

灯油やガスが一般的になってきていますが、製造しているストーブの大半が環境を配慮した製品になっています。一般家庭ゴミをリサイクルした燃焼物だったり、廃油やパーム油、廃タイヤなどを燃料としています。また、独自の空気や炎の特性を考えた構造にしているため、黒煙がでやすい、ニオイがでやすいという課題も解決しています。
基本的に製品のストックはありませんので、全てがカスタムメイドで製作しており、お時間はいただきますが、相談した上で、設置場所に適したストーブのご提案をすることが可能。北海道の自然や産業を守る、北海道らしい環境に適した機械製品を作り続けています。

代表者からのメッセージ

当社が設立されたのは今から50年ほど前。当時スタンダードだった、灯油やガスに頼らないストーブを今もつくり続けています。また、産業用機械の製造も多種多様に渡る製品を、使い方を伺いながら、オリジナルでつくり続けてきた実績がありますので、既製品にはないものを提供することができます。古くからコストのかからない暖房や乾燥機を考え、北海道の文化に適した製品を考えてきたことが当社の自慢です。

企業・団体の魅力
  • 北海道当別町にて手作り特注燃焼機・手作り特注乾燥機の製造をしており、大手メーカー品や海外品が増えているなか、地場産業としては珍しい会社です。
  • 農業暖房やイカの乾燥機・米の乾燥機・うしの堆肥の乾燥機、これらの熱源の30%以上の節約に成功。一般家庭用のエコストーブも製品化しています。

北海道の冬の暖房について。移住者さんへアドバイス。

厳しい寒さがある冬の北海道には、暖房設備は欠かせません。夏が冷涼な分、寒い冬には備えが必要で、その1つが「暖の取り方」です。エネルギーを何から取るのかはランニングコストに大きく影響がでますので、その視点も移住を考える際にはおさえていただきたい要素のひとつです。特に自然環境を重視した移住を考えられる方には、環境に優しい設備を検討いただけたら嬉しいと弊社では思っています。北海道らしい産業に、「暖房」や「エネルギー」というジャンルがあることもぜひお知りおき下さい。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP