ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME ただの食品製造スタッフではありません。「調理人」であり、「職人」なのです
【株式会社 見方/北広島市】

ただの食品製造スタッフではありません。「調理人」であり、「職人」なのです
【株式会社 見方/北広島市】

掲載年月:2017年10月

株式会社 見方

企業・団体のビジョンやミッション

『手づくりに勝るものはなし』という理念

株式会社見方は、全国のホテルや旅館、レストランや居酒屋への食品・食材提供の他、OEMによる大手菓子メーカーの商品製造など、多彩な業務を手がける食品製造企業です。ジャンルも和食から洋食、中華、パイ・デザート、寿司にまで幅広く、そのすべてを「徹底した手づくり」で提供しています。「工場」と聞くと、ベルトコンベアがあるような生産ラインを抱えているイメージ。けれど、ここには機械がほとんど見当たりません。それは、『手作りに勝るものはなし』という理念によるもの。
例えば、パイ・デザート調理部ではスポンジを焼く機械以外は全て手作業です。やさしく包んだり、手のひらで握ったり、ふんわり重ねたり・・・。手でつくることで食材本来の味を引き出し、本当においしい食品が出来ると思っています。また、手作りだからこそ、少ない数のオーダーにもしっかり対応出来るのが強みです。

北広島から全国へ!

超有名スイーツメーカーの商品として各地の百貨店の店頭に並ぶこともあります。お客様は全国にまで幅広く広がっています。その関係で、ご当地スイーツを手がけることもあり、あんずや紅芋など北海道ではあまり馴染みのない食材や、ビワや柿など日本古来の果物を使ってデザートをつくってほしいという要望が飛び出すケースもあります。
もはや工場というよりも大きな厨房であり、調理人の仕事場のような雰囲気です。様々な食材をつかってのこの仕事は、手作業だからこその楽しみもあり、職場にも活気が溢れています。

代表者からのメッセージ

見方は、様々なやりがいがたくさんあります。
例えば、新しいスイーツの開発にチャレンジ出来るのはうれしいこと。完成品がお客様から高い評価を受けたり、誰もが知っているメジャー商品に成長していったりすると『やった!』と思います。
小さなケーキ店でも、大きな企業の生産ラインでも味わえない、見方という会社ならではのやりがいがここにはあります。

企業・団体の魅力
  • 機械化が進む食品業界の中であえて手づくりで勝負し続けています。スタッフが「調理人」や「職人」になれる実に魅力的な職場です。

  • 工場もクリーンで気持ちがいいとスタッフも話してくれました。

スタッフからもひと言

パイ・デザート調理部門で働く松島さん。有名パティシエとのコラボ商品を手がけたこともあり、「パティシエがつくったレシピをもとにしたスイーツをつくり、本人に食べてもらった時に『そう、この味だよ!』と言ってくれた時は嬉しかったですね(笑)」と笑って話してくれました。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP