ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「地材地消」で持続可能な環境型社会を目指して
【緑川木材 株式会社/愛別町】

「地材地消」で持続可能な環境型社会を目指して
【緑川木材 株式会社/愛別町】

掲載年月:2017年4月

緑川木材 株式会社

企業・団体のビジョンやミッション

環境重視の経営

わたしたちは地域の森林資源を活用し3層パネルの製造販売をしています。北海道のカラマツやトドマツの間伐材を原料とし、森林資源を無駄にせず利用しています。
間伐材を使用することで健全な森林の育成と環境保護、資源を持続的に得ることができます。森林資源の循環型利用を重視しています。

道産材へのこだわり

地域材という言葉をご存知ですか?その土地々々の森林から産出し、地域内で加工された木材を「地域材」と呼びます。
わたしたちは道産材にこだわり、それを最大限に利用し地材地消をすることで、環境にかかる負担を減らし環境を優先した木材づくりを目指しています。

代表者からのメッセージ

木のような自然素材は長い年月をかけて味わいをましていくとても優れた素材です。また木の香りは気持ちを穏やかにしてくれます。環境を守りながら木の魅力を伝え続けていきます。

企業・団体の魅力

わたしたちが製造する「3層パネル」は強さと美しさを備えた木材です。木材パネルとしてのクオリティが高く、建築構造材から家具用木材まで幅広い用途で使われています。今では全国規模で広がっています。

スタッフからもひと言

「3層パネル」製造技術は、限られた森林資源を有効に活用でき、また北海道産のマラマツやトドマツの間伐材を活用し森林資源を再利用できるものです。
「地材地消」で北海道の森林資源の有効活用にさらに貢献できればと思います。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP