ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 野菜の洗浄機と選別機を開発し、作業の効率化とコスト削減を実現!
【株式会社 エフ・イー/旭川市】

野菜の洗浄機と選別機を開発し、作業の効率化とコスト削減を実現!
【株式会社 エフ・イー/旭川市】

掲載年月:2017年3月

株式会社 エフ・イー

企業・団体のビジョンやミッション

野菜の洗浄機と選別機の開発で注目を集める機械メーカー

昭和34年に設立された佐々木鉄工所を前身とする株式会社エフ・イーは、根菜類を中心とする野菜の洗浄機および選別機の設計・製造・販売を一貫して行う機械メーカーです。平成14年に、業界で初めて葉付き大根を連続で洗浄できる「大根洗浄機」を開発・販売し、全国から注目を集めました。以来、ごぼう、人参、生姜など、専門の洗浄機を次々と開発。その特徴は、ブラシの先端に水の膜をつくることで、ブラシが野菜表面に直接触れることを防ぎ、その結果、野菜表面に傷をつけることなく洗浄できるというもの。また、「皮むき装置」や「カメラ式形状選別機」などの開発にも取り組み、各種ニーズに応じた機械を取りそろえています。中でも「新型連続式自動皮むき装置」は、形状や大きさが不揃いで、これまでの機械では大量に皮を剥くことは難しいとされてきたさつまいもにも対応しており、手作業で皮むきを行っていた作業の軽減化につながると期待されています。平成24年には、「第4回ものづくり日本大賞」の製品・技術開発部門で「根菜類自動皮剥き機」が優秀賞に輝いたほか、受賞実績も豊富です。

培った技術を生かし、環境保全に役立つ製品も開発

洗浄・選別で培った技術を生かして、新たな分野での取り組みにもチャレンジしています。「車載型ろ材洗浄選別装置」は、浄水場施設などで砂や砂利等のろ過材に付着した水垢や汚れ等を取り除き再利用する装置で、吸引・洗浄・選別・排出すべての設備を車に搭載しているため、浄水場施設内や狭い場所での作業が可能です。ろ過材を入れ替えした際に大量に出る廃棄物の軽減、天然資源の減少を防ぐなど環境保全にも役立っています。当社は今後もニーズがある限り、お客様の期待に応えられる設計とものづくりに取り組んでいきます。

代表者からのメッセージ

「お使いいただく製品に責任を持とう」という考えのもと、社員一丸となって常にお客様の声に耳を傾けてまいりました。そのため、「お客様が使いやすく、壊れにくい製品・システム」を設計の基本理念とし、いかに簡単な構造で、メンテナンスが容易であるかに重点を置いて開発しています。「シンプル イズ ベスト」。この言葉をテーマに開発に取り組み、お客様の信頼を得てきました。これからも謙虚な気持ちで改良を重ね、お客様の期待に応えていきたいと思います。

企業・団体の魅力

社名の「エフ・イー」は鉄の元素記号から生まれました。社員スタッフ全員の強い結束はもちろん、エフ・イーとお客様の厚い信頼を表す社名にすることを心がけています。

地域で行っている活動

産学官連携による開発にも取り組んでいます。平成12年に北海道、北海道大学大学院農学研究科、HOKTAC(現ノーステック財団)、担い手企業4社と有機性廃棄物処理施設の開発を手がけたほか、現在は旭川工業高等専門学校と共同研究を重ね、新たな野菜選別機の開発にも取り組んでおります。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP