ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 未来の子どもたちのために健全な作物をお届けします
【アグリシステム株式会社/芽室町】

未来の子どもたちのために健全な作物をお届けします
【アグリシステム株式会社/芽室町】

掲載年月:2017年3月

アグリシステム 株式会社

企業・団体のビジョンやミッション

生きた土-健全な作物-人間の健康

十勝芽室町で生産者さんと直接契約栽培した小豆、大豆、小麦などの集荷販売、製粉を行っています。農薬や化学肥料に頼らず、健全な土作りから健康な作物の生産に取り組んでいます。十勝・更別村と上富良野町でバイオダイナミック農法による有機農場を運営しています。未来の子どもたちのために地球環境改善と環境保全型農業を目指しています。またオーガニックライフスタイルの提案を行っています。

有機野菜とオーガニック食品の専門店「ナチュラル・ココ」

未来の子どもたちのために、私にできることは何かと考えたとき、有機農業を応援すること、安心安全でおいしい食品をお客様に提供すること、そしてそれらの情報をお知らせすることと考えました。そうして生まれたのがナチュラル・ココです。
是非ナチュラル・ココと共に有機自然生活を楽しんでください。
http://www.natural-coco.jp/

ベーカリー 「風土火水」

健康を育み、心も豊かになるようなパンを食べてほしい。
そのために私たちは何をできるでしょう。
まずはできるだけ生命力のある自然素材を使うこと、余計なものは使わないこと。そしてその素材を無理のない自然に寄り添った製法で素材の良さを素直に引き出してあげること。だけどそれだけでは十分ではありません。その素材は誰がどのような想いでどのようにつくられたのか。その素材をどのような想いで受け取ってどのようなパンにしていくのか。それらをどのように伝えていくことができるのか。
小麦やパンを単なる物としてだけ捉えるのでなく、それができるまでに関わったすべての人たちの想いやすべての生命に対する尊重の気持ちをあなたと共有したいと思っています。
http://fudokasui.jp/

代表者からのメッセージ

■使命感を持って社員の1人1人が社会問題に取り組む
大量生産、大量消費の社会で物質的に恵まれた社会が確立されましたが、その発展の代償に生産と製造流通と消費のつながりが希薄になっています。経済至上の中で行われる生産・製造流通は必ずしも消費者の健康について考慮されているとは言えません。生産・製造流通・消費がつながり、相互理解を深め、互いを尊重した生産・製造流通の形をつくっていくがあらゆる社会問題(農業・食・医療・教育など)を解決する手段だと考えております。アグリシステムでは社員1人1人があらゆる役割の中で使命感を持って社会問題の解決に取り組むことを目指しています。

企業・団体の魅力

・十勝と上富良野にバイオダイナミック農法に取り組む有機栽培圃場(有機JAS認定取得)を運営しています。より良い農産物の生産、環境保全型農業を目指しています。
・農家さんと直接契約栽培した小麦を自社の石臼製粉工房で製粉しています。石臼で挽かれる全粒粉はとても風味と味がよく、ミネラルたっぷりの栄養価の高い小麦粉となります。地域の子どもたちに十勝で取れた小麦のパンを食べてほしいと願っております。

スタッフからもひと言

2014年から「とかち小麦ヌーヴォー」という活動を行っています。とかち小麦ヌーヴォーはその年に獲れた新麦の収穫を生産者さんとパン屋さんと消費者の皆さんとで祝い、新麦でつくられたパンを楽しみます。小麦の旬を感じることで小麦がその年によって味も香りも違う農産物であることを感じてもらいたい、もっと生産者さんと消費者の皆さんとが身近なつながりを持ってほしいという思いで続けています。ぜひ皆さんもとかち小麦ヌーヴォーにご参加ください!

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP