ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 使い手の事を考えた「真面目なものつくり」を大切に、日々製作
【前島商店/新得町】

使い手の事を考えた「真面目なものつくり」を大切に、日々製作
【前島商店/新得町】

掲載年月:2017年3月

前島商店

企業・団体のビジョンやミッション

「真面目なものつくり」を大切に

2016年に独立し、妻の地元である新得町に引っ越して来ました。古い牛舎を義父と改装し、小さな工房を作りました。

現代は、工業製品が手に入りやすい暮らしのスタイルが見直され始め、気に入った一生物を購入する人が増えてきていると思います。

前島商店では、木がどうしたら生き続けるかを考え、そして使い手の事を考えた「真面目なものつくり」を大切に、日々製作しています。

 

定番商品

現在の定番商品は、動物パズル、木のカトラリー、カッティングボードです。

少しずつ家具のオーダーもお受けしています。

代表者からのメッセージ

少量生産だからこそできる、細かい気遣いと、惜しみない手間を大切に、使いやすさは勿論、美しさも兼ね備えた「もの」づくりを目指して製作しています。

企業・団体の魅力

家具など、大きなモノを製作すると、端材が沢山でます。その端材も捨ててしまえばごみとなるだけですが、100年をかけ大きく育てくれた木を、簡単に捨ててしまうのは申し訳ない。そんな思いで、前島商店では小さな木っ端も大切な資源として使います。

大きな材料は家具に、その端材や家具には使えない小さな材で玩具を作り、更にその端材を使いカトラリーを作ります。

カトラリーを使った時に出た端材は、寒い北海道の冬を乗り切る為に必要な薪ストーブの燃料として使い、最後に残った灰は、山菜の灰汁抜きに使ったり畑に撒いて新しい命を育てます。

地域で行っている活動

新得共働学舎と前島商店で、木工ワークショップを企画中です。第一回目は木のスプーンを作りました。

また十勝管内でのイベントにも出店させて頂き、楽しませて頂いています。イベントなどを通して十勝の魅力を再確認しています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP