ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 地元江別から全国へ「おいしい」を届ける会社
【江別製粉 株式会社/江別市】

地元江別から全国へ「おいしい」を届ける会社
【江別製粉 株式会社/江別市】

掲載年月:2016年12月

江別製粉 株式会社

企業・団体のビジョンやミッション

「北国生まれの小麦粉」を追求し続ける

1948年北海道江別市に創業し、まもなく70年を迎える製粉会社です。国内他社に先駆けて30年以上前から北海道産小麦の研究と商品の開発を手がけ、国産小麦のブランド化に貢献してきました。「幻の小麦」と呼ばれるハルユタカなど個性豊かな北海道産小麦を原料に、様々な設備を駆使して高品質な小麦粉を製造、全国に販売しています。
また、生産者や栽培方法を限定したオリジナル小麦粉の少量生産が可能な小型プラントの導入や、生産者や小麦粉ユーザーとともに小麦の栽培や小麦粉の二次加工などを学び交流する研修所の設置、小麦をテーマにしたイベントの開催などユニークな取り組みを通じて、北海道産小麦と、その小麦粉の魅力を発信し続けています。

北海道産の小麦を武器に、全国・海外へ

現在当社には61名の社員が在籍しています。原料となる良質な小麦を調達するために産地や生産者を足しげく訪ねる畑のプロ、その時の小麦の状態を見極めて最適な挽き方になるよう機械を調整する工場のプロ、品種の特性を生かしたパンや菓子などを提案する加工のプロ、お客様の課題解決や新しい価値づくりをサポートする営業のプロなど、担っている役割は様々ですが、共通しているのは、地元北海道とそこで育まれる小麦を心から愛し誇りに思っていること。
当社製品の出荷先は、道内はもとより全国そして海外へと広がっていますが、実は営業所があるのは江別市のみ。だからこそ、北海道に暮らす者ならではの想いや空気も添えて、小麦粉をお届けすることができるのです。

パッケージには表示されない社名

私たち製粉会社は、小麦を育てる農家さんと、小麦粉を使って製品や料理をつくる出荷先のお客様との間に立つ、原料素材の供給メーカーです。そのため、一般の消費者には「江別製粉がつくった小麦粉を口にしている」という認識を持っていただくことはほとんどありません。パスタやパンのパッケージやラベルに「江別製粉」の名前が入ることもまずありません。ただ、それで良いと私たちは考えています。裏方には裏方としての仕事があるのです。パンやラーメン、レストランでのお食事など、出荷先のお客様がつくってくださった小麦製品・小麦料理を召し上がった方が「おいしいね」と言ってくださることこそが、私たちの最大のミッションであるからです。

代表者からのメッセージ

製粉会社と聞くと、粉の舞う中で体力勝負の仕事をするというイメージがあるかもしれませんが、工場内はほぼオートメーション化されていますし、粉も機械装置の中を通って移動するため、実は衛生的な環境です。製造・技術職と事務・営業職との割合はほぼ半分ずつ。男女比は約7:3です。IターンやUターン組も合わせて1割くらいいます。
当社の求める人材は、好奇心旺盛な方。大企業ではありませんから、いろんな場面でいろんなことに関わることが多いはず。何にでも興味をもってチャレンジしていくマインドのある方が当社には向いていると考えています。また、食品会社である以上、「食」に関心のある方が望ましいですね。食の安全・安心に関心があるとか、パンやラーメンの食べ歩きが趣味とか…。社内でもお客様との会話の中でも、「食」やそれを支える「農」に関する話題が多いですからね。美味しくて安全な食品づくりを、農家さんやお取引先様とともに進めていく。そして北海道ブランドをどんどん広げていきたいと考えるような人が集まる会社にしていきたいと考えています。(代表取締役社長 安孫子俊之)

企業・団体の魅力

・江別市は面積の約40%が小麦畑をはじめとする農地であると同時に、大消費地・札幌に隣接するベッドタウンでもあり、また、4つの大学や複数の研究機関を有する文教地区としての顔も持っています。全国的に知られている食品会社も多く、生産・加工・消費・研究といったフードチェーンのすべてがそろっています。こうした“食”をとりまくすべての関係者と、近い距離感のなかで密なコミュニケーションが取れることも当社の強み。「江別麦の会」「麦の里えべつ」など様々な取り組みが、産官学連携や農商工連携のモデル事例として各省庁から表彰されています。
・製粉業界は大量生産が主戦場。大手食品会社に質・量ともに安定的に小麦粉を供給するのも当社の務めです。その一方で、北海道に工場を構える会社として、道内の小麦産地がもっと元気になるお手伝いをしたいという思いは人一倍強くあります。「地場産小麦で名産品や名物料理を作って、地元を盛り上げたい」…そんな、小麦を通じて“食の6次産業化”に取り組む産地や生産者の一助になればと日本初の小ロット製粉プラントを導入したのが平成16年。以来、多くの小麦産地で個性あふれる商品や料理が開発され、ご当地グルメなどの地域振興につながっています。

スタッフからもひと言

広いところでのびのびと子育てしたいと家族で北海道へ移住した、道外出身の山口小百合さん。「やりたいことが実現できる会社です。ベースは江別にありながらも、仕事で道内・道外各地に出向き、その土地を楽しめる。なんだか人生2倍得しているような気持ちです。これからも“北海道らしさ”を大切に、そして都会へのアンテナも張りながら、歩み続けていきたいです。」

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP