ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 町工場から高付加価値技術と匠の技術を世界に向けて
【株式会社 太田精器/奈井江町】

町工場から高付加価値技術と匠の技術を世界に向けて
【株式会社 太田精器/奈井江町】

掲載年月:2016年3月

株式会社 太田精器

企業・団体のビジョンやミッション

株式会社太田精器は、1981年に大手企業の協力会社として操業を開始し、長年の協力工場として培った技術を元に、現在は、超硬やセラミックスなどの、研磨切削の機械加工メーカーとして、また北海道唯一のオリジナルなLED機器開発まで手掛け、国内においても極めて高い価値のある技術力を有する会社です。

一方、国内屈指の磨き技術は、特にハンドラップ(手磨き)の分野において、魂を込めた高度な匠の技術をもつ職人集団でもあります。我が社は、これらの特性を生かし、お客様のニーズに対して多彩な加工製品や技術を提供しながら、グローカルに発信力の強いものづくり企業を目指しております。

代表者からのメッセージ

ものづくりの基本である、切る、削る、磨くという加工技術は、長年の大手企業の協力会社としての役割を通じて、日々研鑽を重ねてきたところ、現在は、北海道では屈指の高精度な製造技術を持つ会社となり、その評価は様々な「ものづくり賞」も受賞しております。
当加工技術は、決して目立たない技術ではありますが、ものづくりには欠くことの出来ない下支え企業としてプライドを持ち、ドラマの下町ロケットまで行かなくても、いわば「下請けロケット」として、更なる加工技術に磨きを掛けている会社です。

企業・団体の魅力

当社では、新しい発想で、北海道に根ざしたLED機器の開発も手掛けています。
積雪、寒冷地と言う北海道の厳しい風土に適応するため、耐久性、耐腐食性を重視し、独自のLED機器を開発、衝撃に強く、取り外しが出来る単独のモジュール型LEDを採用、唯一のメィドイン北海道のLEDとして、晴れて認知されたものです。

スタッフからもひと言

あまり目立たない会社ですが、ものづくりの加工技術開発には自由に行わせていただいており、同業他社に負けない、そして真似の出来ない技術を磨くため、日々頑張っております。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP