ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 大自然を感じながら「暮しの中で活きるモノ」を創造する木工クラフト工房
【Arms/東神楽町】

大自然を感じながら「暮しの中で活きるモノ」を創造する木工クラフト工房
【Arms/東神楽町】

掲載年月:2016年3月

Arms

企業・団体のビジョンやミッション

木の魅力を余すところなく伝える木工クラフトを製作

Armsは旭川市の隣町、東神楽町の農家の跡地で木工クラフトの製作を行う工房です。晴れた日には大雪山系を一望できるこの場所に根を張り、デザインから製作まで、夫婦2人でオリジナル製品づくりに取り組んでいます。私たちがつくるのは、「指物」と呼ばれる技法を駆使した箱もの、小抽斗(ひきだし)、トレーなど。
大自然の中で感じるもの、この地で経験したことなどから発想を得て、「暮らしの中で活きるモノ」をテーマにしたものづくりを追求しています。大切にしているのは、木が本来持つ色や表情、ぬくもりが伝わるよう、着色はせず、できる限り無垢の木を使うこと。また、年月の経過とともに移り変わる無垢材ならではの表情を楽しんでいただけるよう、流行に左右されないデザインを考案すること。木の魅力を余すところなく伝えることが私たちの役目だと考えています。

子どもたちに使ってほしい木の道具を提案

自分たちの活動のほか、東京のデザイナーと旭川のつくり手たちが手を取り、“コドモ”と“木”の組み合わせを考え、木の道具をつくる「コド木工」のメンバーとしても活動しています。ここでも、使い勝手がよく、木の持つ温かみ美しさが伝わるものづくりを心がけています。
これからも、暮らしの中に溶け込み、癒しや和みを感じていだだける Armsならではの木工クラフトをつくり続けていきたいと思っています。

代表者からのメッセージ

木の持つ温かみや美しさが伝わるよう、色づかいに気をつけ、また多くの方々に楽しんでいただきたいため、使い勝手の良さを心がけています。「暮らしの中で活きるモノ」をテーマに、一つひとつ丁寧なものづくりをしていきたいと思っています。

企業・団体の魅力

・雄大な景色を望む東神楽町を拠点に活動
・木の魅力を最大限に引き出す製品づくり
・子どもと木をつなぐ活動を展開

地域の活動

地域の子どもたちを対象に、木工教室を行っています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP