ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 品質を重視しながらも、最大1000個単位の生産可能な木工クラフト工場
【株式会社 ササキ工芸/旭川市】

品質を重視しながらも、最大1000個単位の生産可能な木工クラフト工場
【株式会社 ササキ工芸/旭川市】

掲載年月:2016年3月

株式会社 ササキ工芸

企業・団体のビジョンやミッション

100~1000個単位で高品質の木製クラフトを生産

ササキ工芸は、1976年に家具の産地として知られる旭川で、家具の部品をつくる下請け会社として誕生しました。1980年代に入り、それまで培った技術を生かし、木製クラフトの製作をスタートして、現在はオリジナル製品の製造・販売へと完全移行し、約200点の自社オリジナル商品を中心に木製クラフトの生産を行っています。
日本全国に木製クラフトを製作する工場・工房は多数ありますが、多くは5人以下の少人数で活動しており、生産量も限られていますが、当社は小物の専門工場でありながら、家具製作で使われるような大型の加工機を導入し、木製小物を1001000個単位で生産できる体制を持っており、またレーザー彫刻機を設備していますので、企業様や各団体で使用する記念品などの名入れ加工や、数量がまとまったオーダーにも対応できます。

直営店で得たお客さまのニーズを製品づくりに反映

当社の製品は全国の小売店に卸売販売していますが、1994年11月に、旭川市内に直営ショールーム「クラフト舘」、2011年9月には東京直営店「NOCRA」をオープン。アンテナショップとして出店した両店で、エンドユーザーの声に耳を傾けながら、商品づくりに取り組んでいます。また、原料となる木を育てることも重要と考え、毎年5月には所属組合のメンバーとともに植樹活動も行っています。
『私たちは世界の人々が「喜び」「感動」「安らぎ」を感じるモノづくりをします』を企業理念として掲げ、今後も日本だけでなく世界中の人たちに喜んでもらえるような商品づくりを目指していきます。

代表者からのメッセージ

旭川は木工業界の活動が盛んな街です。そんな旭川で40年にわたり仕事をさせていただいていることに感謝するとともに、地域のために何か役立てる活動ができればと思っています。
まずは自分たちで質の高い商品をつくり、それを買ってくれたお客さまが喜び、感動してくれて、いつかこの木製クラフトがつくられた街に行ってみたいと思い、旭川に来てくれる。
そんな日が来ることを夢見て活動しています。

企業・団体の魅力

・40年にわたって培ってきた高い技術力
・100~1000個単位の生産体制を持つ木工クラフト工場
・アンテナショップとして東京直営店をオープン
・植樹活動をはじめ、地域の活動にも積極的に参加

地域で行っている活動

2007年、「モノづくりの体験工房」を併設した工場を新設。そこで、地元の子どもたちや修学旅行生を対象に、モノづくりの楽しさを味わえるワークショップを開催しています。
そのほか、旭川デザインウィーク、あさひかわキッズタウンなど、地元で開催されるイベントへ積極的に参加しています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP