ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 喜び多きふる里、北海道の原料を使った本格焼酎づくり
【札幌酒精工業株式会社 厚沢部工場/厚沢部町】

喜び多きふる里、北海道の原料を使った本格焼酎づくり
【札幌酒精工業株式会社 厚沢部工場/厚沢部町】

掲載年月:2016年3月

札幌酒精工業株式会社 厚沢部工場

企業・団体のビジョンやミッション

喜び多きふる里は、北海道にあり

食の宝庫である北海道の原料と、厚沢部町の豊かな森からもたらせる良質な水を使用した「喜多里」ブランドを厚沢部工場から発信します。
「喜多里」の名前の由来は、北の大地の恵みが大きな喜びをもたらし、農山漁村が豊かになる北海道であってほしいとの願いから生まれたものです。
生産者の顔が見える安心・安全をキーワードにした「喜多里」は、厚沢部工場を拠点に、全国へ発信していきます。

北海道の原料を使った本格焼酎をつくっていきたい

全国的にはサツマイモ(黄金千貫)を使った焼酎ブームが広がり、食の宝庫である北海道で黄金千貫ができないだろうか?黄金千貫の栽培にむけた厚沢部町の農家と協同が始まりました。平成15年20a7000本の苗から始まった試験栽培から4年目の平成18年度には、栽培面積10ha。収量で200トンが見込める体制が整うようになりました。
原料づくりにあたって「農業生産法人ノアール」を立ち上げ、12件の契約農家と共に原料となる黄金千貫を作り、焼酎への原料、製菓・加工品づくりに広がっています。

代表者からのメッセージ

札幌酒精工業(株)厚沢部工場は、北海道の新鮮で安心な農水産物を100%使用した本格焼酎ブランド「喜多里」の専用生産施設です。
当社は、昭和8年の創業以来の長きに亘り、甲類焼酎メーカーとして北海道の皆様にご指示をいただいて参りました。創業100周年に向け、北海道における「甲類焼酎ナンバーワン」「本格焼酎オンリーワン」を目標としてこれからも社員一丸となって邁進して参ります。お得意先様ならびに消費者の皆様には今後とも当社製品へのご愛顧を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

企業・団体の魅力

本格焼酎4種類のラインナップ
北海道厚沢部町産の名産として名高い「メークイン(じゃがいも)」を原料としたじゃがいも焼酎、昆布の里として親しまれている北海道南茅部産の「昆布」を原料とした昆布焼酎、厚沢部町の契約農家で限定生産される「黄金千貫」のみを原料とした芋焼酎、「二条大麦」を使った麦焼酎も仲間入りして味わいのバリエーションも充実。ボトルサイズのバリエーションも追加して、様々な楽しみ方にもお応えしております。

地域住民とのつながり

毎年、7月に厚沢部町の地元の皆様にいち早く新しい黄金千貫の焼酎を飲んでもらえればということで、「喜多里を楽しむ夕べ」を開催しております。豪華抽選もあり、例年300名弱の地元住民でにぎわいます。また、3月には厚沢部町内限定で、町民還元!限定品!焼酎・喜多里「甕貯蔵」(かめちょぞう)を販売しております。厚沢部町で栽培に成功したサツマイモ「黄金千貫」を使用し、厚沢部町内の工場で生産され、2年間甕(かめ)で寝かせた逸品です。通常商品よりもよりまろやかで美味と評判です。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP