ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 創業以来「一本一本の木を最大限に有効活用する」ことを実践しながら 商品づくりに取組んでいます
【加賀谷木材 株式会社/津別町】

創業以来「一本一本の木を最大限に有効活用する」ことを実践しながら 商品づくりに取組んでいます
【加賀谷木材 株式会社/津別町】

掲載年月:2016年3月

加賀谷木材 株式会社

企業・団体のビジョンやミッション

我社は常に顧客へのサービスに勤め、商品の企画力・デザイン力を磨き、技術革新を求めます。
日常的に商品開発・新市場開拓をし続けることにより、独自(オリジナル)商品・差別化商品を持つ事が、変化の激しい経済情勢にあっても、安定的木材産業となり、地域社会に寄与できると確信し、挑戦し続けます。

代表者からのメッセージ

昨今の製造業は何らかの形で、その生産拠点を海外に移しています。 その中で、加賀谷木材株式会社はあくまでも物づくりは創意工夫であることを貫き、顧客の要望を取り入れながら、提案する会社であれば、地元と共に生きていけると思っています。また、常に新しいものを提案できる会社として、時代にあった木製品を提供する事を心がけたいと思います。

企業・団体の魅力

創業以来「1本1本の木を大事にする木取り中心の挽き方」をしています。 製材工場ばかりでなく加賀谷木材株式会社の工場は、製材工場(第1工場、第2工場)、経木工場、DIY製材加工工場、木工工場の4部門がありますが、これらは全てが有機的に機能しています。 又、山から木を切る造材部門から出てくる原木や、他社に依頼して仕入れる原木もこれら4つの部門と有機的にかかわり、他社と異なる長さの原木を使用し、製材工場と経木工場、製材工場とDIY工場・木工工場、経木工場と木工工場‥、といった具合に深くかかわっています。
原木から木製品まで携っている木材会社は全国的にも珍しいといえます。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP