ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME モノづくりの根底を支える「加工屋」として、高い技術を提供
【有限会社 TUC/東神楽町】

モノづくりの根底を支える「加工屋」として、高い技術を提供
【有限会社 TUC/東神楽町】

掲載年月:2016年3月

有限会社 TUC

企業・団体のビジョンやミッション

お客さまのニーズに技術で応える「加工屋」

社名の「TUC」は、「Technique(テクニック=技術)」「Union(ユニオン=融合)」「Company」の略で、技術の融合を意味しています。その名の通り、有限会社TUCは家具からクラフトにいたるまで、木材加工の技術屋として主に家具メーカーさんのさまざまな要望に応えています。具体的には、コンピュータ制御の工作機を用い、お客さまから預かった材料を指定の形状へ加工するのが仕事です。しかも、その内容は3D-CADを使った設計から研磨作業などの仕上げまで、多岐にわたっています。
私たちは、いわゆる「加工屋」です。普段は表に出ることはありませんが、モノづくりを底辺で支えているという意味では、その技術をより多くの人に知っていただき、あわせて技術向上にも取り組んでいかなければなりません。そのために力を入れているのがオリジナル製品の開発です。
加工技術を駆使すれば、木でもこういう表現ができるということをアピールするために、滑らかな形状が特徴の靴ベラや曲げ木のような鍋敷き、繊細な形のコースターなどを製作。モノづくりを通して、多彩な技術をPRしています。

あらゆるニーズに応えるために、さらなる進化を

加工屋が加工屋であり続けるためには、どんな難題にもチャレンジし続けなければなりません。私たちはこれまで培った技術を活かし、一歩進んだ加工屋を目指してモノづくりに取り組んでいきます。

代表者からのメッセージ

コンピュータ制御の工作機を使っても、モノづくりに対する姿勢や考え方は職人と何ら変わりありません。さらなる可能性を求めて、技術に磨きをかけていきたいと思っています。

企業・団体の魅力

・木材を自由自在に加工する高い技術力
・家具メーカーの下請けにとどまらず、オリジナル製品を開発
・蓄積した技術を活かし、つねに一歩先を行く行動力

地域で行っている活動

旭川市とその周辺に工房を構えるクラフト作家および団体からなる「旭川クラフト協議会」の一員。手づくり、モノづくりの魅力をPRしています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP