ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 牛にもひとにもやさしく酪農を通じて地域を豊かに
【有限会社 中山農場/別海町】

牛にもひとにもやさしく酪農を通じて地域を豊かに
【有限会社 中山農場/別海町】

掲載年月:2016年2月

有限会社 中山農場

企業・団体のビジョンやミッション

別海の大地で牛を飼いはじめたのは、戦後間もない頃。その後、平成8年には地域に先駆けて家族経営から法人経営へと転換。時代や世界を見すえ、早くから規模拡大や機械化、集約化をすすめてきました。現在、330haの敷地で850頭もの乳牛を育てています。

現在、日本の酪農経営では分業化が一般的ですが、中山農場では牧草づくりから飼料設計、繁殖、搾乳までを自社内で一貫して行っています。良質な原乳をしぼるためには、あらゆる面から乳牛のストレスを取り除き、ちょっとした変化にも気づいて応えること。そしてなにより、現場のスタッフが誇りをもって働ける場をつくること。
牛にも人にも健康的な環境を整え、生産性と品質を高めています。また、平成23年には『なかやまミルク工房』にて良質な乳原料をもとにチーズの製造販売を開始しています。

代表者からのメッセージ

酪農とは、牛・人・自然がかかわり合い、牛乳を生産すること。
スタッフ一人ひとりが創意工夫を重ね、高い生産性と高い品質を目指しています。酪農の原点である土づくりから搾乳まで一貫して自社内で行っていることは当社の特徴のひとつです。
酪農のスペシャリストを育て、積極的に取り組むことで、国内外に向けて別海町の文化を発信していきたい。そんな思いをもっています。世界を見据えながら、日々生命や自然に向き合っています。

企業・団体の魅力

・生産量6,000tを目指して規模拡大をしています。

・従業員用の宿舎や社会保険等の福利厚生が充実しています。

・土づくりから搾乳、加工販売(チーズ)まですべて自社で手がけています。

スタッフからもひと言

スタッフの出身地は地元はもちろん関東・関西・海外など様々です。
勤務体制は2交代制、スタッフで話し合い作業を分担しています。働きやすく経験がなくてもスキルアップできる職場環境にあります。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP