ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME ホタテの貝殻を資源として環境にやさしいリサイクル製品へ
【株式会社 ビッシェル/標津町】

ホタテの貝殻を資源として環境にやさしいリサイクル製品へ
【株式会社 ビッシェル/標津町】

掲載年月:2016年2月

株式会社 ビッシェル

企業・団体のビジョンやミッション

産業廃棄物を地域に役立つ製品へ

地域の基幹産業である漁業、そしてその漁業から出たホタテの貝殻という廃棄物を加工することで地域の役に立つ製品へと生まれ変わらせることが弊社の主な事業です。製品は貝殻カルシウム肥料や滑り止め、消臭剤として農業やその他のあらゆる産業に使用されております。
平成18年には「北海道認定リサイクル製品」に認定される等、皆様の御支援により弊社は成り立っております。
標津町という漁業と酪農業のまちで海から大地へのリサイクルを実践し、豊かなヒトと自然に貢献する企業でありたいと考えています。

代表者からのメッセージ

町の悩みの種ではありましたが、ホタテの貝殻は自然の産物で、環境に負荷を与えるものではありません。うまく加工して社会に役立たせたいと思い㈱ビッシェルを設立しました。
海の恵みが農業の役に立つ。社会の色んな場面で活躍できる。そこにこの事業のロマンが有ります。自然とともに豊かに暮らす循環型社会を推進していきます。

企業・団体の魅力

・地域の役に立つ仕事
・環境保全に繋がる仕事
・社内レク(BBQ等)有り

スタッフからもひと言

海の近くで自然を感じながら働くことができます。酪農家さんへ製品の配達ので伺った際に、弊社製品が役に立っているという話をして頂いたことがやりがいに繋がっています。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP